紺碧ブログ

英語と交流と仕事に役立つTIPSに関する情報発信ブログです。

『7つの習慣』の深い理解と実践方法について考えてみる [自己啓発]

f:id:konpekikai:20181105140734g:plain

以前、書籍「7つの習慣」をこのブログで紹介しましたが、今回は「7つの習慣」の実践方法について考えてみたいと思います。

目次

 

書籍『7つの習慣』について

書籍『7つの習慣』は日本国内だけでも累計発行部数200万部という大ベストセラーです。

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者:ティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12/25
  • メディア: 単行本
 

『7つの習慣』は人生を歩んでいく上での優れたOS(オペレーティングシステム)と位置づけており、優れたOSがあってこそ、アプリケーションであるスキルの力が発揮できると強調しています。

全世界3,000万人、国内200万もの人たちが『7つの習慣』を人生のOSとして活用し、ビジネスを成功させるだけでなく、習慣や人格、そして人生をも変えていると言われています。

『7つの習慣』を深く理解する

「7つの習慣」に書かれている内容は素晴らしく、確かに人間として大きく成長できると思える内容です。
…ですが、本書を読むだけでは本当の理解につながりにくかったり、習慣的に実践を行うことが難しいという問題に直面します。

そこで、コヴィー博士はハイラム・スミスという同志と共に『7つの習慣』をベースにした『フランクリン・コヴィー』という会社を立ち上げました。

関連書籍を読んで理解を深める 

ハイラム・スミス自身もTQ〜Time Quest〜という本を書いています。
「心の安らぎを発見する時間管理の探求」という副題にあるように、人生をより豊かに生きるための時間管理法について、自身の経験を紹介しながら説明しています

TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究

TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究

  • 作者: ハイラム・W.スミス,Hyrum W. Smith,黄木信,ジェームススキナー
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1999/01/01
  • メディア: 単行本
  •  

こちらも良書なので、一読の価値があると思います。

また、マンガ版の『7つの習慣』シリーズは、ヒロインが直面する問題を『7つの習慣』の観点から解決していく形式を取っており、より実践的に『7つの習慣』を使っていく方法が学べると思います。

まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣

  • 作者: フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2013/10/11
  • メディア: 単行本
  •  
まんがでわかる7つの習慣2 パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣 (まんがでわかるシリーズ)

まんがでわかる7つの習慣2
パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣
(まんがでわかるシリーズ)

  • 作者: フランクリン・コヴィー・ジャパン,小山鹿梨子
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2014/07/11
  • メディア: 単行本
まんがでわかる7つの習慣3 第3の習慣/第4の習慣/第5の習慣 (まんがでわかるシリーズ)

まんがでわかる7つの習慣3
第3の習慣/第4の習慣/第5の習慣
(まんがでわかるシリーズ)

  • 作者: フランクリン・コヴィー・ジャパン,小山鹿梨子
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2014/10/09
  • メディア: 単行本 
まんがでわかる7つの習慣4 第6の習慣/第7の習慣/第8の習慣 (まんがでわかるシリーズ)

まんがでわかる7つの習慣4
第6の習慣/第7の習慣/第8の習慣
(まんがでわかるシリーズ)

  • 作者: フランクリン・コヴィー・ジャパン,小山鹿梨子
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2015/01/15
  • メディア: 単行本 

 

研修に参加して習得する 

コヴィー博士とハイラム・スミスの会社『フランクリン・コヴィー』は、『7つの習慣』をベースにした企業向け研修プログラムで大きな成功を納めます。

そしてその研修プログラムは世界中へ広がり、改良を重ねて現在も人気の研修として高評価を受けています。

もちろん日本でも開催されています。 

かなり前になりますが、私も『7つの習慣』をベースとしたリーダーシップ研修を受講したことがあります。

参加者と一緒にワークを行いながら学ぶことで『7つの習慣』の実践についての理解が深まり、実生活での活用方法もわかってくるようになりました。

最新の研修プログラムである『7つの習慣® SIGNATURE EDITION 4.0』は、長年改良を続けた『7つの習慣』研修の集大成となっており、より洗練された内容である謳われています。

7つの習慣® SIGNATURE EDITION 4.0」は、書籍『7つの習慣』をベースに、セルフ・リーダーシップや効果的なコミュニケーション、そしてシナジーの重要性など、時代や場所が変わっても絶対に変わることのない普遍(不変)の原則とともに、現在私たちが直面しているライフスタイルやビジネスシーンがもりこまれた身近なコンテンツとしてお届けすることで、日常での応用と実践をイメージしやすい設計となっています。また、「7つの習慣®」を確立されたフレームワークとして身に付けることで、常日頃から自分自身の現状と向き合い、意識的に思考や行動、そして習慣を改善していく事が可能になります。
--- フランクリン・コヴィーWEBサイトより


■期待できる効果
<個人レベル>

  • 「人格」と「能力」を高いレベルで、バランス良く兼ね備えた人財を育成する。
  • 個々人のセルフ・リーダーシップを開発し、主体性、目的意識、生産性を高める。

<チームレベル>

  • メンバー間のコミュニケーションの質を改善することで、人間関係や協調性を向上させる。
  •  チーム内にエンゲージメントとシナジーをもたらし、チームが生み出す成果を最大化する。

<組織レベル>

  • 全社的に確立した共通言語とフレームワークを定着させる。
  • 勝ち続ける企業カルチャーを醸成し、他社には真似できない独自の競争優位性を発揮する。

研修の内容については、以下の動画を参考になると思います。

 

ツールを使って日常で実践する

関連書籍や研修で深く理解した後、『7つの習慣』を日常生活でどのように活かしていったら良いでしょうか?

フランクリン・コヴィー社(現フランクリン・プランナー・ジャパン)は、7つの習慣の実践ツール『フランクリン・プランナー』も用意しています。

私も以前長期間に渡って愛用していましたが、フランクリン・プランナーはよく考えられたツールだと思います。

特に「一週間コンパス」は素晴らしいと思います。

◎肉体・知性・社会/情緒・精神の4項目の行動目標を定める

◎一週間で集中したい役割とその行動目標を定める

毎週これを見直し、目標を定めて行動していくことで成長していくというものです。

一週間コンパスは単体でも販売しているので、別の手帳で使うこともできます。
(私は一週間コンパスを単体で購入したり、フォーム自作してプリントアウトしたりして使い続けています。)


フランクリン・プランナーについてはこちら記事で詳しく取り上げていますので、よかったら参考にして下さい。

交流会参加者募集中!

学びを「紺碧会」「青風会」でシェアしませんか?

異業種交流会「紺碧会(英語)」「青風会(日本語)」参加者募集中です!