紺碧ブログ

自転車や写真など筆者が関心のあることを気ままに書いていくブログです。

【ミニベロ】三峯神社ヒルクライム【PSF1】

 

f:id:konpekikai:20210609171123j:plain

2021年5月29日 (土)~30日(日)にかけて電動アシスト付き折り畳みミニベロ「BESV PSF1」を積んで、車で秩父方面に行ってきました。
29日は武甲山の登山と橋立川キャンプ場でソロキャンプを楽しみ、30日はPSF1🚴で道の駅大滝温泉から三峯神社までヒルクライムに挑戦してきました。

今回は後編としてPSF1で行く三峯神社ヒルクライムについての記事を書いてみました。

目次

 

三峯神社へのヒルクライム

橋立川キャンプ場での朝食を済ませて一息ついた後、撤収作業に入る。
久しぶりに使ったポップアップテントの畳み方をすっかり忘れていて苦戦するが、ケースに畳み方ガイドがあったのでなんとか折り畳むことができた。
30分とかからず撤収作業は完了。
はじめてのソロキャンプにしては手際が良かったな。

撤収後は「道の駅 大滝温泉」に向かう。
ここは駐車場が広く、そして何といっても温泉がある道の駅なのだ!
PSF1で遊んだ後、温泉で汗を流してから帰れるという完璧なプラン!!

f:id:konpekikai:20210609171246j:plain

まだ朝早い時間なので良い場所に駐車できた。

PSF1を下して展開し、三峯神社まで登っていく。

まずは秩父湖二瀬ダム」までゆるい上り坂。
二瀬ダムは大滝ダムほど大きくはないけど、秩父雄大な景色が楽しめる。

f:id:konpekikai:20210609171409j:plain

二瀬ダムから先は勾配もキツくなっていく。
自転車ナビタイムの指示に従って激坂の登っていくと砂利道に行き着く。
流石にここをPSF1で登るのは無理っぽい。
マウンテンバイクならイケそうだが、グラベルロードだとキツイだろうな。

一旦引き返して舗装路を進む。
気持ちの良いワインディングロードを登っていく。
高度が上がるにつれ景色が広がっていく…
これが見たいからヒルクライムに魅かれるんだよな。

f:id:konpekikai:20210609171457j:plain

f:id:konpekikai:20210609171643j:plain

三峯神社

三峯神社到着。
駐車場はかなり広い。
駐車場から続く階段を登っていくと気持ちの良い参道に出る。
山の上にある神社だが手入れが行き届いていてとても綺麗な参道。
本堂に至る参道の途中には立派な山門があった。

f:id:konpekikai:20210609171730j:plain

本堂は中華風の凝った装飾が施されていて、これまた立派な建物。

f:id:konpekikai:20210609171818j:plain

近くのお土産屋はたくさんの種類の地酒が売っていた。
ここまで自転車で上がってきたので地酒を買うのは断念…
(キャリアバッグがバックパックを持ってくればよかったな)

f:id:konpekikai:20210609171854j:plain

ダウンヒル

登りありば下りあり…
ここまでずっと登りだったので、帰りは長い長い下り。
ペダルを漕がなくても快走できる下りは大好きだ!
風とスピードを楽しみながら下っていく。
登りの倍以上のスピードで下りるので、体感的にあっという間に「道の駅 大滝温泉」に到着してしまった印象。

大滝温泉とランチ

道の駅 大滝温泉に到着してPSF1を車載したら、お楽しみの温泉タイム。
ここの温泉は以前も1度来たことがあるが、トロトロの泉質でとろけそうな感じを楽しむことができるのだ!

f:id:konpekikai:20210609175427j:plain

大浴場(HPより引用)

道の駅 大滝温泉 | 秩父の道の駅~ちちぶ・あらかわ・龍勢会館・大滝温泉~

お風呂の後はランチ!
秩父と言えばお蕎麦!
…ということで「天ざるそば」を頂きました。
サクサク天ぷらとコシがあってのど越しのいいお蕎麦…最高!

f:id:konpekikai:20210609172245j:plain

f:id:konpekikai:20210609172148j:plain

動画も作ってみました。

PSF1で行ってきた三峯神社ヒルクライムの動画を編集してみました。
良かったらご覧になって下さい。

感想

f:id:konpekikai:20210609172219j:plain

自転車ナビタイムのログによると 走行距離30.1km 獲得標高は880m。
下りはペダリングしていないに等しいので実質15kmくらいのワークアウトかな。
それでも880m登ったのでヒルクライムとしてはなかなかの充実したと思います。

やっぱりこの自転車は「山を走ってこそ楽しい~♪」 

三峯神社 開運ビジュアルブック

三峯神社 開運ビジュアルブック

Amazon

 

BSEV PSF1についてもっと知りたい人は↓の記事を参考にして下さいね。

konpekikai.hatenablog.com

 

⬇️記事が面白かったら『⭐️スターボタン』を押していただけると励みになります!

【アウトドア】秩父武甲山登山/橋立川ソロキャンプ【登山】

f:id:konpekikai:20210609160726j:plain

2021年5月29日(土)〜30日(日)の2日間、秩父アウトドア・アクティビティを楽しんできました。

29日は武甲山の登山と橋立川キャンプ場でソロキャンプを楽しみ、30日はPSF1🚴で道の駅大滝温泉から三峯神社までヒルクライムに挑戦してきました。

今回は前編として武甲山登山と橋立川キャンプ場でのソロキャンプについての記事になります。

目次

ソロキャンプに興味津々

PSF1を購入して以来、毎週のように色々な場所に出かけるようになった。
サイクリングやポタリングだけでも楽しいのだけど、もっと他のアクティビティもやってみたくなるのが人情ってもんです。
YouTube動画を観ていて以前から興味があったソロキャンプ…
キャンプとなるといろいろ道具をそろえなくちゃ…というこでなかなか行動には至らなかったけど、最低限の道具だけ用意して思い切ってチャレンジしてみることにした。

そしてソロキャンの計画へ…
秩父の「橋立川キャンプ場」が比較的近くて安いようなので、そこに行くことに決めた。

名称 橋立川キャンプ場
場所 〒369-1801 埼玉県秩父市荒川久那3937
電話番号 0494-24-1367
収容人数 20人

秩父 彩の国キャンプ村 | 秩父観光協会

武甲山トレッキング

キャンプといっても午後からだし、どうせなら午前中も何かやりたいよね。
…ということで、秩父といったら山があるじゃないですか!
長瀞宝登山は前に登ったので今回はパス。
武甲山」…えーとなになに日本二百名山の一つと…百名山じゃないんかい!
でも秩父で最も有名な山の一つなのでココにしよう。
ネットの情報によると、この山は登り下りで5時間程かかるらしい…
『多分自分の脚なら4時間くらいで行けそう…かな?』
…と見積り、10時前から登れば14時には降りてきて、それからキャンプに行っても十分余裕がある。
とはいえ、自宅から武甲山一の鳥居駐車場までは車で3時間近くかかりそう。
7時前には自宅を出発して秩父へGO!

武甲山一の鳥居駐車場に向かう途中、何やら工場(セメント工場?)みたいな敷地を通る。事前に調べておいたので分かっていたが、知らずに来たらきっと道を間違えたと思っていただろう。

f:id:konpekikai:20210609155125j:plain

車を駐車してトレッキングシューズに履き替え登山道に向かう。
このクラスの山のトレッキングは実に1年以上ぶりだ。
前回は去年のGWで日光の男体山だったかな。
このところ毎週のように自転車を走らせているので体力には少々自信があったが、サイクリングとトレッキングでは使う筋肉が違う。
序盤から息が荒くなり、けっこうシンドイ。
以前はもっとずっときつい山の縦走とかもやっていたのに衰えたもんだ。

登山口からしばらく登っていくと給水所がある。
ここでは沢の水を汲むことができる。

f:id:konpekikai:20210609155212j:plain

この山は等間隔で〇〇丁目という表示があり、これを見てどのくらい登ったのかが分かるのだが、ネットの誤情報で100丁目が頂上と思っていたので、25丁目まで来てまだ1/4かと思うと少し焦りがでてきた。(実は頂上は51丁目だったのだが…)

前日まで天候があまり良くなく、時折雨が降っていたせいで登山道の一部は滑りやすくなっていた。登りはそれほど問題なかったが下りは気を付けないとヤバい!

登山開始から77分で武甲御岳神社に到達。
登りは2時間越えを予想していたが、かなり早く着いてしまった。

f:id:konpekikai:20210609164850j:plain

コンビニで買ったおにぎりで簡単な昼食を取った後、山頂展望台へ…
少し霞がかってはいたが秩父の山々や市街のパノラマを堪能することができた。

f:id:konpekikai:20210609155611j:plain

f:id:konpekikai:20210609155703j:plain

下りは懸念していた通り滑りやすく何度かストックに助けられる場面があった。
半分まで下ると脚腰の疲れも出てきて、転ばないように一層気を張って下りていく。
登りよりペース早めで下りてきたが、転ばずに無事下山できて良かった。

武甲温泉

f:id:konpekikai:20210609155804j:plain

久しぶりの登山に加えて高温多湿とくれば、かなり汗もかく。
キャンプ場に行く前に武甲山の近くにある日帰り温泉武甲温泉」に寄って汗を流し、疲れを癒すことにした。
あまり期待はしないで行ったのだが、かなり立派な施設で館内は結構広い。
休息所やお土産コーナー、食事処にちょっとしたゲームコーナーまであった。
お風呂もまたかなり良く、岩風呂は大きく綺麗な庭を見ながら温泉に浸かることができる。
内風呂はジャグジー付き。
泉質はサラッとした感じで長湯に丁度いい。

温泉のおかげで完全にリフレッシュ!
ソロキャンプへの意欲が湧いてくる。

はじめてのソロキャンプ

f:id:konpekikai:20210609155918j:plain

武甲温泉を後して橋立川キャンプ場へ向かう。
橋立川キャンプ場は比較的小さなキャンプ場で車の乗り入れはできない。
坂の上にある駐車場からキャンプ道具の搬入が必要なのでリアカーやカートみたいなものがあると便利なのだが、そういったものは持っていないので坂を何度か往復して荷物を運び込む必要があった。
今回はお試しソロキャンプということで装備も最低限。
以前から持っていたものもあるし、今回新規で購入したものもある。 
  • テント → 以前レジャー用に買った簡易ポップアップテント。
  • 寝袋 → 以前購入したものがあった。一応登山用。
    マスター前の忙しい時に会社で寝るのに使ったことがあった💦
  • レジャーマット → 以前購入したものがあった。
  • アウトドアチェア → 新規購入。カインズホームで安いのを見つけた!
    ヘリ〇ックスっぽいヤツ。
  • ポータブルコンロ → 奥さんから譲り受けた。
  • ボンベ → カインズで購入。
  • 調理器具 → 父からのお下がり (^^;)

テントとチェアを設置したら食事の準備。
…といっても予めカットしておいた鶏肉と野菜を使ったカレー(カルディのタイ風グリーンカレー)とホットサンドだけどね。
ただ、アウトドアで作って食べると美味いのですよコレが!

f:id:konpekikai:20210609160012j:plain

f:id:konpekikai:20210609160148j:plain

キャンプ場に来る前に寄ったコンビニで買ったビールもよく冷えてて最高の夕食となったのでした。

f:id:konpekikai:20210609160045j:plain
日没後は川のせせらぎを聴き、星を眺めながら缶ハイボールをやる。
なんて贅沢な時間の使い方だろう…

お腹も一杯だし登山の疲れもあって眠気が襲ってくる。

今回のキャンプサイトは川に面した砂利地なので、テント内にはなんらかのクッションマットを敷かないと寝るのには辛い。
僕は厚手のレジャーマットを敷き、その上にヨガマットも敷いた上で寝袋を展開してみた。これで一応快適に寝られた!
テントなんかはポップアップの簡易タイプのものだったけど、とりあえず雨風がなければ問題ない。寝てる時に虫も入ってこなかった!

翌日は鳥の鳴き声で目覚める…まだ5時である。
湯を沸かしコーヒーを飲む。
清々しい朝。
朝食は昨日の残りのカレーを温め、ホットサンドを焼いた昨晩と変わらない食事だが、それもまたイイ!!

動画も作ってみました。

武甲山登山と橋立川ソロキャンプの動画を編集してみました。
良かったらご覧になって下さい。

感想

f:id:konpekikai:20210609160241j:plain

AppleWatchのアクティビティログによると武甲山トレッキングの距離は8.47km。獲得標高は733mでした。

久しぶりの登山で最初から息が上がってしまって、登頂できるか心配だったけど途中からはいいペースで登れました。
下りは滑りやすくて結構大変でした!

はじめてのソロキャンプ。
そもそもテントで寝泊りするのも初めてたっだのでワクワクする体験でした。
少しずつ装備も買い足して、またチャレンジしたいと思います。

 

⬇️記事が面白かったら『⭐️スターボタン』を押していただけると励みになります!

【ミニベロ】PSF1の更なるカスタマイズと筑波山ヒルクライム【PSF1】

 

f:id:konpekikai:20210609150322j:plain

スポーツ走行&ロングライド対応のためPSF1を更にカスタマイズ。
そして、カスタマイズした愛車の実力を試すために筑波山ヒルクライムに挑戦しました。

目次

 

PSF1の更なるカスタマイズ

問題点と課題

100km超えのロングライドでいくつか解決したい課題が出てきたPSF1。
主にハンドル回りに問題を感じていました。

  1. ステムが長すぎてママチャリのようなライドポジションになってしまう
    → 風の抵抗をもろにうける
    ペダリングに力が乗らない
    → スポーツ自転車っぽくない
  2. 長時間ライドしていると手が痺れてくる
    → 標準のハンドルグリップが問題か?

この2点を解決するために新発売されたPSF1専用ショートステムとエルゴングリップGP2を購入して換装しまてみました。

ショートステム

標準のステムより60mm短いステム。
これに換装することでママチャリポジションからクロスバイク風ポジションに変わる。
換装して乗ってみたところ、60mm短くなるとかなり乗り味が変わることが分かった。

f:id:konpekikai:20210609150434j:plain

エルゴングリップGP2

ネットで評判が高かったハンドルグリップ。
エルゴングリップは人間工学に基づいて独特の形状に設計されていて、疲れにくい設計。
幅広のグリップで握るというより手のひらを乗せる感じで運転できる。
またGP2(GP2~5)はバーエンドに角(ツノ)があり、これを握ることで手のポジションを変えられる。つまりブルホーンハンドルのような役割になる。

f:id:konpekikai:20210609140950j:plain

実際に筑波山ヒルクライムで試してみたところ、手の疲れや乗り心地にはかなり改善があった。
以前感じていた手の痺れなどは今のところ全く起こっていない!

以前のカスタマイズ

↓↓↓これまでも色々カスタマイズしてきたので参考記事を貼っておきます。

konpekikai.hatenablog.com

筑波山ヒルクライム

カスタマイズを施したPSF1を車載して筑波山へ…
自宅から筑波山までは車でだいたい1時間くらい。

筑波山麓平沢駐車場

スタートは「筑波山麓平沢駐車場」
筑波山ヒルクライムはローディーの間でも人気のコースらしく、この日もたくさんのロードバイク乗りが来ていました。

不動峠

まずは不動峠まで登ります。
アシストモードをS(スマート)にするとシートに座ったまま登っていけてしまう。
かといって全く運動にならないかと言えばそうでもなく、適度な負荷が脚と心肺にかかるので、しっかり登っている感覚はある。
ギアは2~3速の軽いものにして高めのケイデンスで登る。
一生懸命にダンシングしながら登っているロードバイク🚴を軽々と追い抜いていく時はなんだかチートしているようで少し申し訳ない気持ちになる。

不動峠を越えるとアップダウンを繰り返しながら筑波山神社に至る。

f:id:konpekikai:20210609150742j:plain

不動峠を過ぎると筑波山の山影が見える

筑波山神社

f:id:konpekikai:20210609151011j:plain

筑波山神社に来たのは何年ぶりだろうか…

そういえば中学生の頃、友達と一緒に自宅から筑波山まで自転車で来たことがあったなぁ…
往復100km。
片道50km走った後でここまで登ったんだよ。ママチャリで!
…って、中学生の俺たちって凄くねー‼
それが今や電動アシストの力で登っているんだぜ。
それも麓の駐車場からだ。
若いって凄いな!

そんなノスタルジーを感じながら神社を散策。

ポタ恒例のソフトクリーム🍦も頂きました。
(今回はイマイチなソフトクリームだった)

f:id:konpekikai:20210609151101j:plain

ダウンヒル

筑波山神社からの帰路。
つつじヶ丘駐車場に立ち寄り、そこからは不動峠を経由してのダウンヒル
やっぱり下りは楽しい~♪
この風を切る速さ…クセになるなぁ
前日の雨で路面が濡れている個所もあり、オーバースピードにならないようにしながら走る。
機械式とはいえPSF1はディスクブレーキなので制動力は高い。
ウェットコンディションでも安心して走行できる。

…なんてダウンヒルを楽しんでいたら、あっという間に筑波山麓平沢駐車場に着いてしまった。

はじめての動画編集

今回はじめて動画を撮影(編集)してYouTubeにアップしてみました。

youtu.be


自分の声でナレーションなどを入れるのは恥ずかしいし噛むしで大変でした~
YouTuberの皆さんって凄いですね。

ハンドルバーに雲台をつけ、iPhoneを装着したジンバルを固定して走行動画を撮ったのですが、振動で画像がブレまくって見るに堪えないものになっしまったorz
これは大失敗でしたね。
ハンドル直付けはGoProなどのアクションカメラでないとダメっぽい。

ジンバルそのものは3軸制御でなかなか良いもので、筑波山神社散策の動画もこのジンバルで撮ったものです。

YouTubeのレビューワーがコスパのいいジンバルということで紹介していたので購入してみました。
小さな三脚もついてなかなか便利でしたよ。

感想

f:id:konpekikai:20210609151345j:plain

自転車ナビタイムによると走行距離32.6km/獲得標高1235mでそこそこ走っているのだけど、今回のヒルクライムはイマイチ達成感がない。
アシストのおかげで楽に登れたが、その反面運動量が足りてない感じがする。
スポーツとして楽しむのならアシストパワーは制限する方が良さそうだ。
シストレベル1(LOW)くらいだとPSF1の車重を丁度相殺するくらいでいいかもなぁ…

あと、今回のカスタマイズでライドの快適度がかなり上がったのもあるかも。全然疲労していないのだ。
ショートステムとエルゴングリップの導入は劇的な効果を与えてくれたんだと思う。

今回はショートライドだったので、近いうちにロングライドでの快適性向上も検証してみたいな。

⬇️記事が面白かったら『⭐️スターボタン』を押していただけると励みになります!

【ミニベロ】「電チャはつらいよ」ついに100km超ライド!江戸川~葛飾区~台東区【PSF1】

f:id:konpekikai:20210517124739j:plain

2021年5月15日 (土)自宅から利根川~江戸川のサイクリングロードを通り柴又へ。
そこから葛飾区・台東区のスポットを巡り、荒川を経由して大宮に至るルートでポタリング🚴‍♀️を楽しみました。
ライド距離は初の100km超えです!

目次

利根川~江戸川サイクリングロード

いつも山・川・海といった自然スポットを走っていたのですが、たまには都会も走ってみようと思って都内ポタリングを計画。
どうせなら今まで行ってなかった所に行こうと地図を眺めていたところ…「柴又帝釈天」が目についた。
「よし、帝釈天に行こう!」
当初は上野まで輪行して浅草経由で柴又に至るルートで考えていたのですが、利根川~江戸川を通ることでほぼサイクリングロードだけで柴又に行くことができることがわかり、そちらのルートで行くことに…
ただ、サイクリングロードとはいえ柴又帝釈天まで約60kmのロングライドになってしまうので少し心配してました💦

利根川サイクリングロードは「道の駅さかい」までの何度も走ったお馴染みのルート。
そこから野田市を経由して江戸川へ。

f:id:konpekikai:20210517124834j:plain

初江戸川!

江戸川サイクリングロードは利根川のそれより広く走りやすいように思えた。
人気のルートらしく途中かなりのロードバイク乗り🚴‍♀️の方とすれ違う。
今まで「ロードバイク乗り=若い人」って印象だったんだけど、どうも自分と同年齢かそれより高い人も結構いる感じ。
シャーっと軽やかに進むロードバイク🚴‍♀️…カッコイイ!!
江戸川サイクリングロードのようなフラットで走りやすい道は、正にロードバイク向けだと思った。
一方、PSF1にとっては長いフラットな道はちょっと厳しい。
自分の脚だと20~25km/hくらいの巡航速度なのだが、この速度域だとほとんどアシストがかからず、ただただ重く転がらないミニベロなのだ。
フラットで長い道はひたすら漕ぎ続けなくてならない。
2時間も走ると飽きても来て「辛さ>楽しさ」に変わっていく。

f:id:konpekikai:20210517125135j:plain

江戸川の広いサイクリングロード

ちょうど50km走ったあたりでスカイツリーが見えてきた。
「もうすぐ到着できるな!」

f:id:konpekikai:20210517125012j:plain

遠くにスカイツリーが見えてきた!

スタートから3時間10分で柴又帝釈天に到着。
途中あまり休まず一気に来てしまったので結構疲労している感じ。

f:id:konpekikai:20210517125330j:plain

柴又帝釈天までの走行距離

柴又帝釈天

f:id:konpekikai:20210517125235j:plain

柴又帝釈天に到着!

初めて来た柴又帝釈天
この日の観光客は少ない。
境内を少し散策して、帝釈天前の参道商店街を歩く。
映画「男はつらいよ」の舞台となった街なので、どことなくノスタルジックな感じを覚える。
シリーズ1~4作目までの撮影で使われたという「とらや」さんで週末限定の「焼き草団子」を頂いた。
海苔たっぷり。適度な塩気で疲れた身体にはGood!であった。

f:id:konpekikai:20210517125440j:plain

昭和レトロな雰囲気の参道商店街

f:id:konpekikai:20210517125657j:plain

昭和レトロな店

f:id:konpekikai:20210517125535j:plain

海苔たっぷり「とらや」の週末限定「焼き草団子」

柴又駅も「男はつらいよ」押し。
駅前には「寅さん」と「さくら」の銅像が立っていた。

f:id:konpekikai:20210517124739j:plain

柴又駅前。寅さんの銅像にて

京成立石「麺・粥 けんけん」

柴又を後にして京成立石に向かう。
目的地は僕が時々見ている料理系YouTube番組「けんますクッキング」の方がやっているお店「麺・粥 けんけん」
こちらの「けんけん香麺」と「中華粥」を一度食べてみたかったのだ。

f:id:konpekikai:20210517130307j:plain

京成立石「麺・粥 けんけん」

f:id:konpekikai:20210517130431j:plain

「けんけん香麺」と「中華粥」のセット

◎けんけん香麺

醤油ベースのスープに香味野菜が乗っている少しピリ辛のラーメン🍜
辛子ニラがいい感じ。
麺はもちもちで腰強めの食感でGoodです!
味はやや濃いめ。
◎中華粥
こちらはホタテの出汁が抜群に効いているお粥
白粥だけどバッチリ出汁が効いているので薬味がなくても美味しく戴けた。

スカイツリー浅草寺/蔵前/上野公園

スカイツリーソラマチ

「麺・粥 けんけん」でランチを楽しんだあと、ここから近いスポットの「スカイツリー」に向かう。
さほど走らずに到着。めっちゃ近かった!
スカイツリーの展望台エレベータはコロナ禍で休業中。
それもあってかソラマチも人が少なく、休業している店舗もちらほら。
活気がないソラマチを見て、改めて「コロナ禍」の経済的脅威を思い知らせれる。

f:id:konpekikai:20210517132846j:plain

スカイツリーを見上げて

f:id:konpekikai:20210517132929j:plain

ソラマチは空いてました

浅草寺

スカイツリーから浅草は徒歩圏内。
自転車で行けばあっという間に行ける。
お馴染みの「雷門」と「仲見世通り」を歩く。
仲見世通り」ではポタリングで恒例となっているソフトクリームを戴いた。
(抹茶&バニラのミックス)
浅草寺は相変わらず人が多い。…が、激混みという程でもない。
今はインバウンド客がいないで、以前の5割減っといったところかな。

f:id:konpekikai:20210517133034j:plain

雷門 やはり人は少な目

f:id:konpekikai:20210517133148j:plain

仲見世通りでソフトクリーム🍦抹茶とバニラのミックス

蔵前 文房具の聖地「カキモリ

f:id:konpekikai:20210517133320j:plain

文房具の聖地「カキモリ

浅草まで来たのでちょっと足を伸ばして蔵前へ。
蔵前には文房具ファンにとって聖地的存在のお店「カキモリ」がある。
ここは個性豊かな筆記具が多く取り扱われている。
またここでは「オーダーメイド・ノート」や「ブレンド・インク」などを作ることができる。

f:id:konpekikai:20210517133442j:plain

オーダーメイドでノートが作れる

f:id:konpekikai:20210517133531j:plain

ブレンドして世界にひとつしかないインクが作れる

「かきもり」オリジナルのローラーボール(ボールペン)は、万年筆のインクを使うことができる特製のもの。
書き心地は軽やかで、万年筆の軽快な書き味とボールペンの気軽さを併せ持った逸品。
インクの補充はコンバータを使ってボトルから吸い取り装着するというもので、やや面倒くさいというのがネックかな。
あと、万年筆のように洗浄して別の色のインクを使うということもできない。基本的に一度使った色はずっと使い続けることになるという点も留意したい。

f:id:konpekikai:20210517133644j:plain

キモリのオリジナル ローラーボール

不忍池と上野公園

「かきもり」で文房具達を愛でた後、上野方面に向かう。
程なく「不忍池」に至る。

f:id:konpekikai:20210517133757j:plain

不忍池

不忍池」からゆるゆると上野公園へ…
のどの渇きを覚えたのでスタバに寄ろうと思ったが、行列を見て断念。
丁度15時を回った頃だったので、みんなお茶したい時間帯だったからなぁ…
仕方がないので自販機で炭酸水を買って喉を潤した。

f:id:konpekikai:20210517133842j:plain

スタバの前にて

荒川サイクリングロード~走行距離100km超え

上野から輪行して帰っても良かったけど、まだ体力に余裕があったので荒川サイクリングロード経由で赤羽に向かうことにした。
荒川サイクリングロードは道幅が広くて走りやすい。
こうゆうコースはロードバイクも多い。
シャーっと軽快に走り去っていくロードバイクを見送りつつ、22~25km/h程度の鈍足で走る。
途中心地よさそうな木陰があったので自転車を降りて小休憩。

f:id:konpekikai:20210517133944j:plain

荒川の木陰で小休憩

赤羽まであと4km。走行距離は90kmちょい手前といったところ。

「なんか100km行けるんじゃない?」

…ということで目的地を大宮駅に変えて引き続き荒川サイクリングロードを走り続ける。

そこからは体力勝負。
100kmが近づくにつれ疲労が溜まっていく。
そして100kmを超えた!
…が、大宮駅にはまだ10km以上ある。
荒川サイクリングロードを抜けて市街地に入ると疲労はピークに達していた。
ペダルを踏む脚が重く感じる。
大宮駅に着いた頃にはヘロヘロで、輪行の準備も苦労やっとこでした。
更に駅構内からホームにはエレベーターはおろか下りのエスカレーターもない。
20kgある重いPSF1を抱えてホームの階段を降りるという最後の試練が待っていた

感想

Apple Watchのワークアウトログによると、走行距離 112.94km。
走行マップを見ると我ながらよく走ったものだと感心。

f:id:konpekikai:20210517134049j:plain

ひとつ学んだのは
『サイクリングロードの長距離ライドはPSF1では楽しめない』
ということ。

まず、フラットな地形のためアシスト速度制限外で巡航するので、アシストの恩恵をほとんど享受できない。
次にミニベロ特有の転がり抵抗に加えて電チャリの重さが響き、ペダリングを止めるとすぐに減速してしまう。そのため常に漕ぎ続けなくてはならない。
結構なケイデンスでぶん回しても30km/hがやっとこ。爽快なスピードは出ない。
…ということですね。

一方、ミニベロの真骨頂でもある街乗りについてですが、
確かにストップ&ゴーは楽ですし小回りも効くので走りやすい…
…のですが、都内の複雑な道/交差点の多さ/車の多さはハッキリ言ってストレス。
走りやすいけど楽しくはないです。

では、PSF1は何が楽しいのか?
…となると、実は激坂があったり、アップダウンがあった方が絶対に楽しいと再認識しました。
登りはアシストの恩恵を享受できるし、下りは重力で楽できる。
また、装着されているタイヤは多少のグラベルも行けるので、悪路走行もまあまあ楽しい。
山や海などの田舎道を走る方が圧倒的に楽しい。
リアキャリアを使えばそこそこの積載力があるので、ソロのデイキャンプなんかやるのが良いんだろうな…と思いました。 

【更なる改良が必要か】

長距離・長時間ライドを少しでも楽にするには更なるカスタマイズも必要と思っています。
①ショートステムへの換装
PSF1標準ステムは長くてハンドル位置が高くてママチャリのようなアップライトポジションとなってしまうため、体重の殆がお尻に集中してしまい、長時間ライドだとお尻が痛くなってしまう。
ショートステムに換装することでクロスバイクに近いポジションが取れるようになり、この問題は改善できると思われる。

f:id:konpekikai:20210517142350j:plain

標準より60mm短いステム



②エルゴングリップへの換装
PSF1のハンドルグリップは普通の丸形グリップのため、長時間走行していると手が痛くなったり痺れを感じたりする。
これはエルゴングリップに換装することで少し改善できるはず…

 

今回の旅を撮影したOLYMPUSミラーレスカメラ PEN E-PL8については↓の記事を読んでみてください。取り回しが良くてポタリングには最高のミラーレス一眼です。

konpekikai.hatenablog.com

 

あと、BSEV PSF1についてもっと知りたい人は↓の記事を参考にして下さいね。

konpekikai.hatenablog.com

 

⬇️記事が面白かったら『⭐️スターボタン』を押していただけると励みになります!

【自転車】GWポタリング 3日目 〜沼津・三島・箱根〜【PSF1】

f:id:konpekikai:20210512084527j:plain
2021年5月2日~4日の3日間にかけてBESVのミニベロE-Bike「PSF1」で小田原・箱根・伊豆北部をポタリングしました。
今回は初日5月4日の行動を振り返ります。

◎1日目の記事は↓↓↓コチラ

◎2日目の記事は↓↓↓コチラ

目次

沼津へ

沼津で朝ごはんを食べようと思い、午前6時早々ホテルをチェックアウトする。
修善寺の朝は空気が澄んでいてとても気持ちがいい。
さわやかな風を感じながら沼津にむかってペダルを踏む。
狩野川沿いの気持ちいいサイクリングロード🚴を通り、沼津に近づくと次第に富士山🗻が見えてきて感動を覚える。やはり静岡から見る富士山はデカい!

f:id:konpekikai:20210512084557j:plain

気持ちのいい狩野川沿いのサイクリングロード

f:id:konpekikai:20210512084648j:plain

沼津港の近くで見た富士山

沼津~せきの~で鯵づくし!

沼津に来た目的は、新鮮な魚🐟を朝食に戴くという贅沢を味わうこと。
事前にWEBで調べていたお店「せきの」を探す。
まだ朝8時前だというのに店の前には既に行列ができていた。

f:id:konpekikai:20210512084920j:plain

朝から行列のお店「せきの」

待つこと実に1時間…
ようやく中に入ると、まさに港の食堂といった雰囲気。

f:id:konpekikai:20210512222544j:plain

「せきの」店内の様子

何を食べるかはかなり迷ったが、沼津は鯵が美味しいと聞いていたので「地鯵丼」と「アジフライ」を注文した。
朝からずいぶんと奮発してしまった💦
「地鯵丼」は評判通りの新鮮でおいしい鯵が楽しめる。
トッピングされていた生海苔がいいアクセントになっている。
盛り付けもオシャレ。
「アジフライ」もぷりぷり触感が楽しめて実に美味い!
並んで待った甲斐があった。

f:id:konpekikai:20210512085537j:plain

新鮮な鰺のお刺身が楽しめる「地鰺丼」

f:id:konpekikai:20210512085703j:plain

ぷりぷりカラッとジューシーな「アジフライ」



三島大社~三島スカイウォーク

沼津で美味しい朝ごはんを腹一杯戴いた後、三島方面に向かう🚴
沼津港から三島大社へは 10kmもないので、かなりあっさり到着。
三島大社に参拝してから御朱印を戴いた。

f:id:konpekikai:20210512090645j:plain

三島大社に参拝



三島大社を後にし、箱根方面に向かう🚴
ここからは上り坂📈
どんどん急な登りになっていく…さすが箱根。
坂を登っていくと「日本一の吊り橋」なる看板があり、気になったので立ち寄ってみた。
ここはただの吊り橋ではなく一種のテーマパークの様な感じだった。
結構高い入場料に加えてGW期間は強制的にフードチケット付き(プラス1000円)のものになっていた。
やめようかと思ったが、これも何かの縁と思い高いチケットを購入して吊り橋に行ってみた。
吊り橋より富士山🗻に感動❗️いやー凄い。ここ富士山🗻を見るベストスポットだわ。

f:id:konpekikai:20210512090814j:plain

日本一の吊り橋「三島スカイウォーク」

f:id:konpekikai:20210512090907j:plain

ここから見る富士山が絶景すぎた!
また、吊り橋から隣接施設のロングジップスライドが見える。
「うわーコレやってみたいなぁ」
次回来たらこちらに行こう。
吊り橋の対岸に渡るといくつもの出店が…なるほど、フードチケットはここで使うのか。
まだあまり腹は減ってないが、フードチケットのきっちり1000円でソーセージとマッシュルームの盛り合わせを頼む。「おお…結構イケる😋

f:id:konpekikai:20210512091023j:plain

ソーセージとマッシュルームのBBQ。なかなかのボリューム!

再び箱根へ

三島スカイウォークから更に登り坂は続く。
ここまでバッテリー🔋をセーブしてきたので、アシストパワー全開で登っていく。
急勾配を18km/hくらいで登っていったので「人力」も結構使った。
電動アシストミニベロ唯一の強み「ヒルクライム」…途中何台かのロードバイク🚴‍♂️を追い越す。
登り切って少し下ると芦ノ湖の南端に至る。
2日ぶりの芦ノ湖である。
そしてまた1号線を下りる。
ディスクブレーキが悲鳴を上げている。
溜まりに溜まった位置エネルギーを吸収するのだから、まあそうなるよね。
なにせノンブレーキだと60km/hくらいまでスピードが出てしまう恐ろしい坂なのだ。
14時頃箱根湯本に到着。
今日は日差しが強く、かなり坂も登ったので汗だくである。
このまま帰るのは辛いので日帰り温泉♨️に寄る事にした。
「湯遊び処 箱根の湯」
どストレートなネーミングながら結構リーズナブルなのでここに決めた。
露天風呂♨️いいです。
打たせ湯にジャグジーがあって旅の疲れが癒やされます。

f:id:konpekikai:20210512091421j:plain

湯遊び処 箱根の湯

f:id:konpekikai:20210512091513j:plain

ここの露天風呂も最高だった!(※写真は施設HPより引用)


小田原~輪行

午後3時半頃小田原駅に到着。
輪行の準備を済ませてエレベーターを探す …が、ない!
仕方がないのでエスカレーターで上がる。
PSF1は重くデカイのでエスカレーターに乗せるのが大変だった。
上野東京ライングリーン車に乗り込むも結構人がいて例の場所が使えない💦


仕方がないのでデッキで待つ事30分…
藤沢でかなり旅客が下りて例の場所(詳しくは1日目のレポートを参照下さい)が空いたのでPSF1を収める。
これでゆっくりできるな…

konpekikai.hatenablog.com

感想

今日の走行距離は67.16km、獲得標高は994mでした。

f:id:konpekikai:20210513061212j:plain

2泊3日の自転車の旅は本当楽しいことばかりでした!
PSF1を購入してまだ1ヶ月ちょいですが、すでに『旅の頼もしい相棒』としてかけがえのない存在になりつつあります。

結構乗り回しているので1ヶ月での総走行距離(ODO)は573.5kmに達してしまいました💦

f:id:konpekikai:20210513061239j:plain

 

るるぶ箱根’21 (るるぶ情報版(国内))
 
るるぶ伊豆 '22 (るるぶ情報版地域)

るるぶ伊豆 '22 (るるぶ情報版地域)

  • 発売日: 2021/02/16
  • メディア: ムック
 

 

今回の旅を撮影したOLYMPUSミラーレスカメラ PEN E-PL8については↓の記事を読んでみてください。取り回しが良くてポタリングには最高のミラーレス一眼です。

konpekikai.hatenablog.com

 

あと、BSEV PSF1についてもっと知りたい人は↓の記事を参考にして下さいね。

konpekikai.hatenablog.com

 

⬇️記事が面白かったら『⭐️スターボタン』を押していただけると励みになります!

【自転車】GWポタリング 2日目 〜熱海・伊東・修善寺〜【PSF1】

f:id:konpekikai:20210510082337j:plain
2021年5月2日~4日の3日間にかけてBESVのミニベロE-Bike「PSF1」で小田原・箱根・伊豆北部をポタリングしました。
今回は初日5月3日の行動を振り返ります。

◎1日目の記事は↓↓↓コチラ

konpekikai.hatenablog.com

目次

小田原出発・・・熱海へ

午前6時半ホテルをチェックアウト。
風は収まり穏やかな朝。気温はまだ少々肌寒い。
ホテルの前でPSF1の出発準備を整えて早速出発。
田原港で朝ごはんやってるところはあるかな?と立ち寄ってみたが、まだどこも開店していないようだった。

f:id:konpekikai:20210510082427j:plain

田原港の食堂。朝ご飯はやっていないらしい。

 

朝日を浴びながら海沿いを走る。やっぱり海を見ながら走るのは気持ちがいい。
自転車専用道がなく車道を走るので緊張はあるけど、相模湾の景色が目に鮮やかで楽しい気分にしてくれる。

f:id:konpekikai:20210510082726j:plain

相模湾沿いを熱海に向かって走る。

2時間も走っていると熱海らしいホテル街が見えてきた。
金色夜叉の「寛一お宮」を発見! ・・・そういえば熱海が舞台だったよね。

f:id:konpekikai:20210510082959j:plain

熱海のホテル街。

f:id:konpekikai:20210510083130j:plain

貫一お宮の像。インパクトがすごい。

熱海ムーンテラスで小休止。
近くのコンビニでコーヒーを買ってベンチでコーヒータイムを楽しむ。
ここからは熱海城もハッキリ見える。

f:id:konpekikai:20210510090640j:plain

ムーンテラスでコーヒーブレイク☕️

f:id:konpekikai:20210510090736j:plain

熱海城🏯を望遠で撮影。

網代~伊東へ

ムーンテラスを後にし伊東へ向かう。
途中網代で小休止を取り、海鮮料理屋さんの店先で売っていた「イカメンチ」と「カマスのから揚げ」を戴いた。適度な塩味とうま味があって美味!

f:id:konpekikai:20210510083523j:plain

イカメンチとカマスの唐揚げ。2つで250円也。

網代を後に伊東に向かう。
日が昇るにつれ熱くなってきたので上着を抜いて調整する。
ここまでの工程は上り坂は少なくあまり疲れてはいない。
アシストもほとんど使っていない状態で来れた。
「サンハトヤ」が見えてきた。これのホテルを見ると「伊東」に来た実感が沸く。
昭和世代は「伊東にいくならハトヤ♪ 電話はヨイフロ♪」というフレーズが耳に残っているんじゃないかな?

f:id:konpekikai:20210510083652j:plain

伊豆に行くならハトヤ

サンハトヤを過ぎてすぐに道の駅「マリノタウン」に到着する。

まだ10時ちょい過ぎだというのに駐車場はほぼ満車状態。
やっぱりゴールデンウィークなんだな。
マリノタウンはかなり大きな道の駅でお土産屋/レストラン/日帰り温泉…と施設は充実している。
気になったお土産もあったが、自転車で来ていると荷物になるものは極力避けたいので買うのは断念した。
またここはヨットハーバーに面していて、テラスからの景観はなかなかのものだ。
海を見ながら少しのんびりするのもいい。

f:id:konpekikai:20210510083843j:plain

マリノタウンのヨットハーバー。

少し早いけど昼食(ブランチ?)はここのレストランで取ることにした。
静岡らしく「しらす丼とぶっかけ蕎麦のセット」をオーダーした。
生しらすでなく釜揚げだったが、なかなか美味しい「しらす丼」だった。

f:id:konpekikai:20210510083939j:plain

静岡に来たらやっぱり食べたい「しらす丼

食事を終えてヨットハーバーをブラついていると、大道芸人がジャグリングを披露していた。
こういうのを見ると「休日だなぁ」と感じる。

ゆっくりとマリノタウンを楽しんだ後、修善寺に向かう。

急勾配を登って修善寺

伊東から修善寺に向かうルートはかなりの急勾配の上り坂。
ここからはアシスト全快で登っていく。
アシストを使ってもギアを2速に落とさないと登れないほどの急坂もあった。
海から一転して山(丘?)である。
一気に登ったので眼下に伊東の街の広がりを見ることができる。

f:id:konpekikai:20210510084156j:plain

海から一転、山へ…

おそらくこのコースは非電動アシスト車は相当キツイだろうな…
1時間ほど勾配を登りが続く。急勾配なのでバッテリー残量がみるみる減っていく。
PSF1のアシストはかなりパワフルだけど急勾配が続くシーンではバッテリー消費が激しい。これはおそらくPSF1がハブモーターで直接後輪を回す駆動システムを採用しているためだと思う。ペダルアシストよりパワフルな分バッテリー消費が激しくなると思われる。
残りバッテリーゲージ”2メモリ”で登り切り、そこからは緩やかな下りが続く。
下りはやっぱり気持ちがいい。


気持ち良く走っていると修善寺駅に到着する。

f:id:konpekikai:20210510084321j:plain

修善寺駅到着〜

修善寺駅を背景にPSF1の写真を撮っていると観光客と思われるバックパックを背負った男性に声をかけられた。
どうやらPSF1が珍しいようで、
「電動なのか?」「どのくらい走るの?」「どこから来たの?」「自分も昔ロードバイクをやってたんだよね」
など色々尋ねられた。僕のPSF1は色もスタイルも目立つからなぁ
男性との会話を楽しんだ後、修善寺温泉街周辺を少しポタリングしてホテルへ向かう。

湯めぐりの宿 掛川

今日の宿泊は「湯めぐりの宿 掛川

f:id:konpekikai:20210510084440j:plain

湯巡りの宿 掛川

素泊まりプランにしたのでGW期間中でも割とリーズナブルで泊まれた。
このホテルはかなり立派で、なんと今年(2021年)の1月にオープンしたばかり。
ピカピカのブランニューなホテル。
接客も非常に丁寧で素晴らしい。
フロアは絨毯張りで靴を脱いで歩くようなっているので、PSF1を部屋に持ち込む際にリアキャリアのキャスターを従業員の方が丁寧に拭いてくれた。
今回選択した部屋は一番狭いタイプだけど、苦も無くPSF1や荷物を入れることができた。
旅装を解いて早速風呂へ…
時間も早く一番風呂だったので、人はまだ来ていない。
大浴場/露天風呂♨️は事実上貸切状態だった。

f:id:konpekikai:20210510084556j:plain

気持ちのいい大浴場/露天風呂(※ホテルのHPより引用)

貸切といえば、このホテルは大浴場(露天風呂)の他に7つの貸切個室風呂♨️がある。
こちらを利用するのも特に予約も追加料金も不要。ただし先客がいる時は空くまで待合室で待つというスタイル。
試しに「瞑想の湯」と「朱壺の湯」を利用してみたが、大浴場とは趣きが違い、ひとりの時間をより楽しむ事ができる。

f:id:konpekikai:20210510084813j:plain

7つの貸切風呂がある。

f:id:konpekikai:20210510084906j:plain

貸切風呂のひとつ「朱壺の湯」(※ホテルのHPより引用)


風呂を上がって疲れを癒し、身軽で修善寺の温泉街を少し散策。
早めの夕食を取ろうと店を探すも、どこもやっていない様子。
「うーん。素泊まりプランが仇になったかな?」
まあ、毎食毎食外で食べなくてもいいので、ホテルのコンビニで地ビール(伊豆エール)とおつまみ・サンドウィッチなどを買って部屋で一人酒を楽しんだ。

更にこのホテルは「夜泣きそば🍜」サービスなるものもやっていて、午後10時~11時の間、無料の夜泣きラーメンが食べられるのだ。夕食を軽めにしたので、こちらも有難く戴いた。

f:id:konpekikai:20210510085313j:plain

サービスの夜泣きそば🍜

感想

Apple Watchのワークアウトログによると、走行距離は74km。獲得標高は1049mだった。
※途中熱海で一回ワークアウトを終了してしまったので2つのログの合計。

f:id:konpekikai:20210510090103j:plain

f:id:konpekikai:20210510090124j:plain

走行距離も獲得標高もそれなりに走っているので修善寺に着いた頃はかなり疲れていた。ただ温泉宿に泊ったのでゆっくりと疲れを癒すことができたので、この選択は大正解だった!
「湯めぐりの宿 掛川」はネットで偶然予約したホテルだったけど、本当に良い宿だったので是非また来たいと思う。

るるぶ伊豆 '22 (るるぶ情報版地域)

るるぶ伊豆 '22 (るるぶ情報版地域)

  • 発売日: 2021/02/16
  • メディア: ムック
 

 

 今回の旅を撮影したOLYMPUSミラーレスカメラ PEN E-PL8については↓の記事を読んでみてください。取り回しが良くてポタリングには最高のミラーレス一眼です。

konpekikai.hatenablog.com

 

あと、BSEV PSF1についてもっと知りたい人は↓の記事を参考にして下さいね。

konpekikai.hatenablog.com

 

⬇️記事が面白かったら『⭐️スターボタン』を押していただけると励みになります!

【自転車】GWポタリング 1日目 〜箱根〜【PSF1】

f:id:konpekikai:20210506161723j:image
2021年5月2日~4日の3日間にかけてBESVのミニベロE-Bike「PSF1」で小田原・箱根・伊豆北部をポタリングしました。
今回は初日5月2日の行動を振り返ります。

目次

JRと箱根登山鉄道 輪行

GW期間中ということで電車の混雑が懸念されたため地元駅を早朝に出立。
しかし心配とは裏腹にJR上野東京ライン箱根登山鉄道共に空いてました。
上野東京ラインでは、グリーン車前方1Fの後列の隙間にピッタリとPSF1を収めることができ、小田原まで快適な電車の旅を堪能😁

f:id:konpekikai:20210506161941j:plain

グリーン車1F後列後ろのスペースはPSF1にジャストサイズ

小田原から箱根登山鉄道に乗り換えて箱根湯本へ🚃

f:id:konpekikai:20210506162219j:plain

箱根登山鉄道で強羅へ

f:id:konpekikai:20210506162315j:plain

GWにしてはガラガラで楽に輪行できた

3日間ポタリングの初日ということもあり箱根ヒルクライムは避け、箱根湯本で更に強羅行きに乗り換えて登っていく。
輪行で苦労するかなと身構えていましたが実にスムーズに強羅までたどり着くことができました。

いきなりの激坂と強風の大涌谷

強羅でPSF1を展開しリアキャリアにバッグをセット。
今回は2泊3日の旅なので、バッグのパニア部分も展開してフル積載です。

f:id:konpekikai:20210506162529j:plain

フル装備PSF1

バッグの中身は…
・2泊3日分の着替え
・PSF1の予備バッテリーとACアダプター
・日焼け止めなどの小物
輪行袋
…など

総重量は4~5kgくらい? 上り坂では地味に効いていくる重さだ。

強羅を出立・・・自転車ナビタイムはのっけから激坂ルートを示す。
ここは普通自転車で登らない所…なにせ前輪が浮きそうなくらいの坂📈
アシストモード3(パワーモード)でもギアを1速にしないと登れません(汗
激坂を上る僕を見て地元の方が奇異な目を向けて「がんばるね~」と声をかけて下さいました。まあ、こんなところ普通は自転車🚴‍♂️で登らないからなぁ…

坂を上がると大涌谷までは下りで快適に進んでいく。
大涌谷へ向かう道は車🚗で大渋滞していた。(流石はGWである)
そんな中、自転車はスイスイ進んでいける。実に快適である。

f:id:konpekikai:20210506162737j:plain

大涌谷へのルートは大渋滞だった

大涌谷に着いた・・・のはいいが、物凄い強風🌪

f:id:konpekikai:20210506163037j:plain

大涌谷到着!風強し!

PSF1が倒れないように駐輪するのも一苦労。
運航していたロープウェイ🚠も強風のため運休するアナウンスが流れる。
ロープウェイ🚠乗ってみたかったな・・・
仕方がないので展望台で写真を撮ってそそくさと大涌谷を後にする。

f:id:konpekikai:20210506162848j:plain

大涌谷からのロープウェイ🚠 この後すぐに強風で運休となる

youtu.be

サイクリストのオアシス

大涌谷を後に芦ノ湖湖畔(桃源台付近)まで下る。
事前に目星をつけていた『シチューとカレーの店 湖亭』でランチ。
1日30食限定のビーフシチューを戴く。
いやーホントうまいなぁ(^▽^)/

f:id:konpekikai:20210506163416j:plain

絶品ビーフシチュー

この店はオーナーがロードバイク🚴‍♀️乗りのようで、店内には高そうなロードバイクが飾ってあった。(SPECIALIZED S-WORKS かな? )
また、店の外と中にサイクルスタンドが用意されている他、空気圧のチェックや空気入れもできるようになっていた。
更にスポーツサイクルで来店した人にはドリンク1杯サービスという正にサイクリストのオアシス的なお店であった。

f:id:konpekikai:20210506164230j:plain

オーナーのロードバイクと店内設置のサイクルスタンド

そんなお店なので、お客さんの半数はサイクリスト(と思われる)でした。
…みんなロードバイク🚴‍♀️で来てましたね。ミニベロは僕だけです。

突風・・・そして・・・

f:id:konpekikai:20210506161723j:plain

芦ノ湖を背景にPSF1を撮影。この後で悲劇が!

芦ノ湖湖畔を背景にPSF1を撮影中に突風が吹き、PSF1が倒れてしまうという惨事が発生!
幸いフレームや駆動系は全く問題なかったが、買ったばかりのペダルとバーエンドミラーの端に傷ができてしまった…😢

気を取り直して箱根でも有名なスポット「箱根神社」へ向かう。

箱根神社で参拝した後で芦ノ湖側の鳥居に行ってみたけど、正面からの写真を撮るためにはかなり並ばないとならないらしい・・・
自分はそれほど正面にこだわってないので並ばずに済む少し斜めからのポジションで撮ってみた。
いずれにしろこの時間帯は逆光なんで陰になっちゃからなぁ(汗

f:id:konpekikai:20210506164507j:plain

箱根神社の鳥居(逆光)

ダウンヒル そして温泉

箱根神社を後にし箱根湯本へ向かう。
長い長いダウンヒル📉
傾斜も急で小まめにブレーキングしてもスピードが上がっていく。
一時50km/hを超える。流石に怖く制動を強めて降りていく。
ミニベロはロードバイクと違うのだから無理をしちゃいけないな…それにリアキャリはフル積載だし。
PSF1はディスクブレーキがついているので制動力は強い方だ…が、長い坂を下っていくうちにブレーキからの音が大きくなっていく・・・多分熱を持っているんだろう。
他にも変な異音がする。
一度止めて確認するとリアキャリアバッグの一部がタイヤに接触していた。
安物バッグのベルクロと100均のゴムネットでは固定力不足だったか・・・改めてタイトに固定し直して坂を下る。

坂を下り終わると箱根湯本の街に出る。
温泉街らしい賑わい。
ここから事前に調べておいた日帰り温泉「箱根湯寮」へ向かう・・・が、またしても激坂である。
「箱根湯寮」はかなり大き目な日帰り温泉♨️施設で、食事処も用意されている。
また、大浴場(露天風呂)とは別に別料金ではあるが貸切個室露天風呂の利用もできる。
大浴場は内湯/露天風呂/見晴湯/信楽風呂/サウナがあり、内湯はジャグジーもあった。
思いっきり箱根を湯♨️を楽しみ、一日の疲れを癒す。

f:id:konpekikai:20210506170753j:plain

箱根湯寮のHPより引用

風呂上りに箱根湯本の街で温泉饅頭こしあん&ごまあん)を戴く。
熱々で美味い!

f:id:konpekikai:20210506170839j:plain

箱根湯元の温泉まんじゅう 熱々で美味しい♪


 

小田原

箱根湯本から小田原は約6kmとかなり近い。
ほぼなだらかな下りなので、らくらくと行き着く。
せっかくなので小田原城天守閣🏯を見てきた。

f:id:konpekikai:20210506171427j:plain

小田原城天守



時刻はPM4時半。
小田原駅に近いビジネスホテル「オレンヂ」に到着。本日の宿である。
ここでPSF1を畳んで輪行袋へ収納する・・・が、風が強くて輪行袋に入れるのに少し苦労を強いられる。
チェックインを済ませPSF1と共に部屋に入り旅装を解く。
ここのホテルの建物はかなり古いが清掃は行き届いていて、今日は寝るだけなので必要十分。なによりPSF1を部屋に持ち込めたので安心である。
さて、街に繰り出そう…
小田原地産のものが食べたいと思って散策するも、5時半を回っており、もう店は閉まっていた。良さそうな居酒屋を見つけるも満席…
…そんなこんなで散策していたら雰囲気のよさそうなアイリッシュ・パブを見つけた。

f:id:konpekikai:20210506171043j:plain

偶然見つけたアイリッシュパブ


まずはギネス🍺をパイントで。
はフライドポテトにソーセージとガーリックトースト。地産のモノとは程遠かったがこれはこれでアリでしょう!

f:id:konpekikai:20210506171321j:plain

今日一日お疲れ様でした♪


 

感想

Apple Watchのワークアウトログによると、走行距離 37.65km・獲得標高922mだった。

f:id:konpekikai:20210506171652j:plain
初日は長い輪行の後ということもあり、控えめのライド。
輪行はスムーズだけど地元駅から小田原→箱根湯本→強羅まで約4時間弱かかったので、
ライドより輪行移動で疲れた感じ。
そして強風。いやー風強かったな今日は。
箱根の温泉は癖がなく、まろやかな感じで長く入れる感じの泉質でした。

f:id:konpekikai:20210506171720j:plain

今日のライドルート


るるぶ箱根’21 (るるぶ情報版(国内))
 

 

2日目の記事は↓↓↓コチラ

konpekikai.hatenablog.com

 

今回の旅を撮影したOLYMPUSミラーレスカメラ PEN E-PL8については↓の記事を読んでみてください。取り回しが良くてポタリングには最高のミラーレス一眼です。

konpekikai.hatenablog.com

 

あと、BSEV PSF1についてもっと知りたい人は↓の記事を参考にして下さいね。

konpekikai.hatenablog.com

 

⬇️記事が面白かったら『⭐️スターボタン』を押していただけると励みになります!