紺碧ブログ

英語学習や投資・ビジネスなどなど筆者が関心のあることを気ままに書いていくブログです。

Everything gonna be fine if you plan a day with your goal vision!/ゴールを意識して一日の計画を立てると全て上手くいく!

英語と日本語のバイリンガルで投稿しています。

Contents / 目次

English Edition

Have you decided your goal clearly?

Many of the self development books stress the importance of goal settings.
But I think many of the people didn't do it even they read such books.

Actually I myself was one of them!

I've read many self development books like "7 Habits of Highly Effective People", and participated in some self development seminars.

But I couldn't understand true meaning of what such self development books say.

I've tried my goal settings which was instructed by such books and seminars, but I couldn't change myself drastically.

If your goals aren't truly honest of your mind, the goals are just meaningless because your unconsciousness power won't help to accomplish such goals.

I realized it by reading some books which written of cognitive science.

The "unconsciousness power" is far more powerful than the "consciousness power".

 

(Some scientist said that it's 50,000 times powerful.)

In other words, your successes or failures are decided on how to use your unconsciousness.

Mr. Hideto Tomabechi, who is well known about cognitive scientist, has explained the unconsciousness power in his books.

And some keywords are often referred in his books.

◎Homeostasis
The strong power which keeps trying to stay current stableness.
If you can't be managed it, you'll never change your current situation.

◎Comfort zone
The status of easy going with your body and mental due to the "Homeostasis" effects.
It's not always ideal status but mere easy or comfortable.
If you want to success, you have to put your "Comfort zone" in ideal goal.

◎Scotoma
The blind spots of your mind where out of your comfort zone.
In other word it is the filter of brain.
People can't recognize anything except something that you really wanted.
If you can put your comfort zone to out of the current, your scotoma would be erased and you can get the new information.
So if you want to reach your goal, you have to put your goal out of the current stuation and imagine it vividly.

◎Efficiency(Self assessment)
You need to have your high efficacy to set high goal.
To have high efficacy would lead you your ideal goals.
 

 ■If you want to know about these cognitive science more, I recommend you this book!

My situation is going quite well since I became aware of the unconsciousness power and trying to imagine my goal vividly, after reading Mr. Tomabechi books.

 

I've been using more than 30 minutes every morning for the image training of my goals which are out of my current situation.

 

To be more precise...I've kept doing the following morning ritual to improve my efficacy.

・Write down morning pages(30 minutes)

・Fitness workout(60分)

・Do meditation or breathing training(20分)

After doing these trainings, I try to imagine my ideal goals.

After doing these trainings, I imagine my ideal goals by using some NLP methods.

 

I need about 2 and half hours to complete these whole trainings.
But It's worth to do for me.

Then I plan a daily tasks meticulously, which I really want to be accomplished, with high efficacy and my ideal goal vision.

In my review at night, I can realize that I've done a lot of valuable things in a day.

These things were already written in many self development books like "7 Habits..." but I was able to truly understand them with read about cognitive science and use it.

 

日本語版

みなさんは自分のゴールや目標って明確に決めていますか?

多くの自己啓発書などではゴールや目標設定の大切さを強調していますが、実行している人は意外と少ないかもしれません。

かくいう自分もその一人でした。

「7つの習慣」などの自己啓発書を読んだり、セミナーに参加しては、ゴール設定をやってみたのですが、これがどうも「借り物のゴール」のような気がしてシックリきましせんでした。そして効果も感じられませんでした。

後に知ったのですが、本心で納得しない目標やゴール設定は「無意識」の力を使うことができません。

「無意識」の力は絶大で「意思の力」を遥かに超えるパワーを持っています。

(一説では50万倍の力があると言われています。)

成功できるかできないかは「無意識」の力を駆使できるかどうかにかかっていると言えます。

認知脳科学(コグニティブ・サイエンス)で著名な苫米地英人氏は、彼が執筆した多くの書籍で、この「無意識」の力について大変分かりやすく説明されています。

著書の中で苫米地氏が繰り返し出てくるキーワードがあります。

ホメオスタシス(恒常性維持機能)
安定した状態(現状)に居続けようとする強い力。
れを上手く御さないと現状は変わらない。

◎コンフォートゾーン(快適な領域)
ホメオスタシスの影響で身体的・心理的に楽で自然でいられる状態。
必ずしも「理想的な状態=コンフォートゾーン」はない。
本人が変えたいと思っている良くない状況でも、その状態に慣れてしまっていると、それがコンフォートゾーンとなってしまう。

◎スコトーマ(心理的盲点)
コンフォートゾーンの外側にあるものは認知できないという心理的な盲点。
簡単に言えば脳のフィルター機能。
人間が何らかの目標を持って行動しているとき、無意識はその目標を達成するために重要な情報を集める機能があるが、現状維持が目標となっていると新たな情報は入ってこない。
現状の外にゴールを設定することでスコトーマが外れ、そのゴールを達成するのに必要な情報が自然に入ってくるようになる。そのためには強い臨場感を伴ったゴールイメージが必要。

◎エフィカシー(自分の能力に対する自己評価)
セルフイメージを高め現状の外にゴールを設定するには高いエフィカシーが必要。
自己評価を上げることで「無意識の力」によって自然にゴール達成に導かれる。

 

 ■↓↓↓これらの詳細についてはこちらのマンガは大変わかりやすいです!

僕は彼の本を10冊くらい読んで、「無意識」がいかに強力なパワーを持っているかを理解し、それを活かすためのトレーニングを開始したところ、色々と好転し始めました。

 

そのため「現状の外にあるゴール 」をよりリアルにイメージするトレーニングを毎朝30分以上かけて行っています。

正確に言うと…

・モーニングページを書く(30分)

・ウォーキング/ビリーズブートキャンプなどエクササイズ(60分)

・瞑想や呼吸法の実践(20分)

というエフィカシーを高めるワークを行ってから、NPL(神経言語プログラミング)のメソッドによるアウトカム(ゴール)のイメージトレーニングを行っているので、全てのプロセスで2時間半くらいかけています。

しかし、そのくらいの時間をかけないとコンフォートゾーンを現状の外に置くことは厳しいと感じています。

逆に言うと、これをやることで他の努力は殆どいらず(本人は努力していると気付かず)に自然にゴールに近づいていきます。

ですので、この時間は僕にとってとても貴重で、最も重要な時間と言えます。

そして、エフィカシーの高い状態でゴールイメージを明確にした後で、今日一日に何を成し遂げたいかを考え一日の行動予定をかなり綿密に組みます。

すると、一日でかなりのことが実行できていることに気づきます。

 

これらの事は「7つの習慣」などにも書いてあった事なのですが、認知脳科学NLPなどを勉強することによって、より理解が深まり、効果的に活用できるようになってきました。

正しい知識を得た上で、明確なゴールイメージを無意識に伝える時間を作ることは、とても有意義なことだと感じています。

Wim Hof’s Method - Breathing exercise for the powerful body by the "Iceman" - / ウィム・ホフ呼吸法(アイスマンと呼ばれる超人の身体能力向上術)

英語と日本語のバイリンガルで投稿しています。

Contents / 目次

English Edition

Do you know "Wim Hof" who is called the "Iceman"?

He can climb, swim, meditate in the place where really low temperature like the glacier, wearing just a swim pants.

Firstly, I'd like you to watch the following video.

As you watched he has an unbelievably strong body!

Therefore he is called "Iceman".

And he developed a special method of breathing called "Wim Hof Method".

He said that you can get strong body and avoid any disease with following his breath training.

How to do the "Wim Hof Method".

[1] Lying on the floor and relax.

[2] Inhale deeply with imagination that the air circulated whole your body, then exhale naturally.
Continue it 30 times.

[3] After breathing 30 times, stop breathing for one and half minutes to three minutes.
In my case, I was able to stop breathing approximately two minutes and it's not so hard.

[4] Exhale a little and inhale deeply once.

[5] Stop breathing 15 seconds.

[6] Continue 3 - 5 sets with [2] - [5] as one set.

I've taken this breathing method in one of my morning ritual. 

It's so effective!

I feel dizzy like feeling with my brain during this training, but I really feel energetic after complete this method.

I'd like to doing it from now on.

The Way of the Iceman: How the Wim Hof Method Creates Radiant, Longterm Health

The Way of the Iceman: How the Wim Hof Method Creates Radiant, Longterm Health

 

Speaking of the breathing method, "Yoga" is also famous with its breathing trannings.

I think that the importance of breathing was known for long long time since ancient and it was handed down like Yoga.

And also breathing's power is used to Japanese Manga like "Overdrive" in "JoJo's Bizarre Adventure" or "Tenryu-Kokyu Ho" in "Hokuto-no-Ken".

Breathing's power is formidable!

 

日本語版

アイスマン」と呼ばれているオランダ人の「ウィム・ホフ」をご存じだろうか?

彼は海水パンツ一丁で氷点下の山を登ったり、瞑想したり、氷が浮かんでいる冷たい水の中を泳いだりできる驚異的な身体能力を会得した人物です。

まずはこちらの動画をご覧いただきたい。

ご覧のように彼は氷点下をモノともしない強靭な身体をもっており、それ故に「アイスマン」と呼ばれています。

そして、その彼が編み出したのが「ウィム・ホフ メソッド」と呼ばれる呼吸法です。

彼は、この呼吸法を行うことによって強靭な体を作ることが可能となり、病気などと無縁でいられると力説しています。

「ウィム・ホフ メソッド」のやり方

① 横になってリラックスする。

② 身体全体に酸素を送るイメージで息を大きく吸い、自然に息を吐く。
 これを30回程繰り返す。

③ 30回終わったら息を止める。
 息を止める時間は個人差もあるが、だいたい1分半~ 3分くらい。
 自分の場合は2分くらいでした。2分息を止めていても不思議とそんなに苦しくないです。

④ 息を吐いた後、1度深く息を吸う。

⑤ 15秒息を止める。

⑥ ②~⑤を1セットとし、3~5セット行う。

 

・・・というわけで朝の習慣に取り入れてみました。

瞑想の時間をウィム・ホフ呼吸法に変えて毎朝15分の呼吸法を試していきます。

数日やった感じでは、呼吸法実行中は「頭が少しクラクラする」感じがありますが、呼吸を止めるフェーズでは2分以上止めていても平気でした。

呼吸法3セットをやり終わった後に非常にリラックスでき、頭と身体がスッキリとします。

これはイイですね!

今後も続けていきたいと思います。

ICEMAN 病気にならない体のつくりかた

ICEMAN 病気にならない体のつくりかた

 

そういえばヨガも呼吸法と密接な関係がありましたね。

呼吸が身体に与える影響の大きさは大昔から経験的に理解されていて、それをヨガなどの形で伝承されてきたのだと想像しています。

マンガでも呼吸法によって超人的な力を発揮するできるヒーローがいましたねー。

ジョジョの奇妙な冒険の「波紋法」とか、北斗神拳の「転龍呼吸法」とか…。

呼吸のパワー・・・侮りがたいかもしれません。

Anchoring -- The method of changing your mood instantly -- / アンカリング--瞬時に気分を変える方法--

英語と日本語のバイリンガルで投稿しています。

Contents / 目次

English Edition

Sometimes we are stucked in our own bad mood and it's really difficult to solve it soon.

If you can change your mind instantly, you're going to be much happier than present, aren't you.
But is there really anything such a tool?

Yes, there is!

It's "Anchoring"!

"Anchoring" is really effective tool for changing your mind or mood immediately.

Have you ever heard "Pavlov's dog"?

It's famous experiment by a Russian scientist.

When you feed a dog with ringing the bell and do it again and again, eventually the dog salivate just only hearing the bell.

And not only the dogs but the humans can do that.

"Anchoring" is applied this "Pavlov's dog" effect.

How to make your "Anchor Switch".

① Imagine the situation when you're happy or good mood as preparation.

② Your mind state is getting high then stimulate your body part like crossing fingers or touch your chest, that is going to be your "Anchor Switch".

[Point]
The Anchor Switch should be kind of unique action because you have to set the Anchor that shouldn't be ignited easily.

③ Do ①~② several times to strengthen the "Anchor Switch".

That's is all of the preparation. So simple!

When you want to change your mood just press your "Anchor Switch".

And then the "Anchor Switch" ignite and you're going to be change your mood immediately.

You can make your "Anchor Switch" with a certain audio materials, too.

It's also easy to make.

Follow the preparation which I introduced and just change the audio material instead of physical stimulation.

I prefer to use this audio material for my "Anchor Switch".

"Theme of GRANDIA"!

That's remind me powerful and highly motivated ages.

 

日本語版

私たちは時折「気分の落ち込み」とか「やる気が出ない」とかで精力的になれず、また、そんな気分を変えることがなかなかできずに苦労することが良くあります。

今日はそんな時に非常に役立つ方法について紹介したいと思います。

もし仮にネガティブな気分をポジティブな状態に即座に変えることができたら、もっと幸せな毎日を送れるようになると思いませんか?

しかし、そんなことって可能なのでしょうか?

はい。できます!

しかもとても簡単な方法です。

それは「アンカリング」と呼ばれるテクニックです。

 

おそらく皆さんは「パブロフの犬」について聞いたことがあると思います。

ロシアの科学者が行った有名な実験で、犬に餌を与える時に同時にベルを鳴らし、それを操り返すことで、犬はベルの音を聞くだけでヨダレを出すようになります。

これは犬だけでなく人間にも起きる現象です。

例えばレモンや梅干しを想像してみて下さい。おそらく口の中が酸っぱくなって唾液が多く分泌されたと思います。

これをマインドチェンジに応用したのが「アンカリング」です。

「アンカリング」は「アンカースイッチ」と呼ばれる特定の動作(身体への刺激)とその時のマインド(気分)を紐づけておき、そのスイッチを押すと即座にその時にマインド(気分)を呼び起こすことができるというテクニックです。

実は、この「アンカリング」は誰もが無意識にやっている方法をより効果的にしたものに過ぎません。

気分が乗らないときに好きな曲を聴くのもアンカリングの一種です。

 

「アンカースイッチ」を作る方法

①「楽しかった時」あるいは「やる気に満ちている」状況をイメージします。

②すると気持ちが高ぶってくるので、その高ぶりがピークに達する前に体の特定場所を刺激します。(親指と中指で輪を作って押して刺激を与える/胸の任意の場所に拳を当てて刺激する)

※簡単にスイッチが発火しないようにするため、アンカースイッチはユニークな動作が良いとされています。また、スイッチを押すことが困難なあまりに独特なものも推奨されません。

③①~②の動作を数回繰り返すことで、アンカーのパワーを高めていくことができ、発火させた際の効果がより大きくなります。

 

「アンカースイッチ」の準備はこれだです。とても簡単。

 

あとは、気持ちを変えたいときややる気を出したいときに「アンカースイッチ」を押すことで即座に気分(ステート)が変わり、自分をポジティブな状態に持っていくことが出来ます。

 

また、「アンカースイッチ」は身体への刺激だけでなく、音楽などの音声素材を使うこともできます。

やり方は先ほど紹介した「アンカースイッチ」の方法と同じで、体刺激の代わりに音声素材を使うだけです。

僕の場合は僕がメインスタッフとして開発に関わっていたRPGグランディア」のテーマ曲を「アンカースイッチ」のひとつにしていて、この曲を聴いてモチベーションを上げています。

この曲を聴くと当時の自分やゲームのキャラクターとストーリーが思い出され、即座にポジティブな気分に変えることが出来ます。

Visualize skill develop your ability! / 才能はイメージ力で決まる!

 英語と日本語のバイリンガルで投稿しています。

Contents / 目次

English Edition

I've been trying some training based on "NLP" for a couple of years but I haven't gotten the hang of making vivid image in my brain.

Apparently I'm not good at making vivid visual images in my brain compared with other people.

I watch vivid visual image in my dream from time to time, so I'm not so called "Aphantasia" who can not make visual image in their brain.

And I sometime make visualize image in my brain unconsciously but I'm not good at making them consciously.

Many of the "NLP" methods require to make vivid visual image in your brain and edit them to achieve your outcomes.

So visualize skill is indispensable.

I found a book which focused on "How to improve visualize skill" while I've been struggle to make outcome image in my brain.

あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法

あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法

  • 作者:生田 知久
  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: 単行本
 

This book introduce some training to make vivid visual in the brain.

That's exactly I wanted!

I tried the training right after I read the book and it works!

I'm gradually getting the hang of making visual image in my brain.

I'll continue these training for a while to the "NLP" methods more effective. 

マンガでやさしくわかるNLP

マンガでやさしくわかるNLP

 

 

日本語版

ここ数年「NLP」のワークを続けています。

多くのNLPのワークには「頭の中にイメージ」を作り出し、それを操作することで気持ちを切り替えたり(ステートを変える)、ゴールを明確化(アウトカムフレーム)したりしていきます。

ところが、どうやら僕は「頭の中にイメージ」を作り出すのが苦手なようで、これらのワークを効果的に機能させることができず、悶々とした思いをしていました。

時々夢も見ますし、夢の中では鮮明なイメージを見ることもあります。

また、無意識的に頭の中にビジュアルを作り出すことも良くあるので、心的イメージを作り出すことが出来ない所謂「アファンタジア」ではないと思います。

ただ、意識的に鮮明なビジュアルを脳内に作り出すのが苦手です。

そんな中、脳内に作り出すイメージ力をアップさせることに焦点を当てて書かれた本を発見しました。

↓この本です!

あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法

あなたの潜在能力を100%引き出すたった1つの方法

  • 作者:生田 知久
  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: 単行本
 

これは正に僕が求めていたモノでした!

この本を読了して、すぐにトレーニングを試したところ、脳内イメージ化力が確かに向上しました。

このトレーニングを続けていけば、鮮明なビジョンを脳内に作り出すことも可能となってくると思います。

脳内に鮮明なイメージを描き出し、それを自在に編集することができるようになると、NLPの様々なワークが効果的に働くようになります。

脳内イメージ力をアップしてNLPワークを効果的に行い、より良い結果(アウトカム)を出していきたいと思います。 

マンガでやさしくわかるNLP

マンガでやさしくわかるNLP

 

My morning ritual / 朝の習慣

英語と日本語のバイリンガルで投稿しています。

Contents / 目次

English Edition

I'd like to introduce my "morning ritual" today.
I'm getting changed dramatically since doing this routine.

1. Writing "Morning page" for about 30 minutes just after waking up.

2. Doing "Shadowing" while "walking" for about one hour.

3. Looking at the "Morning Questions" and doing "Meditation" for 15 minutes after taking shower.

4. Doing some "NLP" works like "Chain Prosess" or "Modeling" for about 10 minutes for clearing my goal vision. 

5. Planning a day for 15 minutes while imagining my goals.

6. Check economic and investment news and stock prices for about 30 to 45 minutes. (Sometime I invest stocks if I find good one.)

 

I need approximately 3 hours to complete whole my morning ritual, so I usually get up around 5.

This routine is really effective to start a good day.

習慣が10割

習慣が10割

 
朝8時までの習慣で人生は9割変わる

朝8時までの習慣で人生は9割変わる

 

 

 

日本語版

今日は僕の「朝の習慣」を紹介します。

僕がやっているのはかなり極端だけど、この習慣を取り入れてから、かなりドラスティックに意識が変わってきたと感じています。

 

1. 起床しすぐにモーニングページを書く。(約30分)

2. ウォーキングへ行く。ウォーキングしながら英語のシャドーイングをやる。(約1時間)

3. シャワー後、「モーニング・クエスチョン」で自問自答した後、瞑想する。(約15分)

4. 「チェインプロセス」や「モデリング」のようなNLPのワークをやって、ゴールイメージを明確化する。

5. 自分のゴールをイメージしながら一日の計画をする。(約15分)

6. 投資や経済関連のニュースや株価などをチェックする。
 (良い銘柄があればここで投資を実践します。)

 

この日課を完遂するにはだいたい3時間くらいかかるので、最近は朝5時には起床してます。 

少々やりすぎの感はありますが、これを実践することで本当に充実した一日を過ごすことができるので、この時間の投資効率は良いと思っています。

習慣が10割

習慣が10割

 
朝8時までの習慣で人生は9割変わる

朝8時までの習慣で人生は9割変わる

 

 

Importance of "EQ" in investment / 投資における「EQ」の重要性について

英語と日本語のバイリンガルで投稿しています。

Contents / 目次

English Edition

I've been learning about investment of stocks and other paper assets for about one and half year with participating in investment practice sessions once a month.

I also invest stocks as practical training and struggling to make profits.

 

You might know the importance of IQ about investment of stocks like fundamentals and technical tradings.

You can learn it from participate in some seminars or reading books.

But investment has another important skill you have to acquire.

It's "EQ = Emotional Intelligence Quotient".

You definitely cannot acquire it without practical trading.

 

In my experience, I feel always difficult to proceeding the trading rules which I decided before due to EQ's effects.

For example, once I invest a company's stock and the stock price go down and make the lose deal, I lost my coolness.

Even I can barely managed myself, that effects my next deal.

As a result, I lose good trading chances that I usually never miss.

Even I can buy the good stocks, I can hardly keep it until the stock price rising to certain  profitable praice.

Then I can't resist temptation to sell it as soon as possible.
But my "EQ" is improving little by little with my trading experience.

So "EQ" requires experience.

 

日本語版

ここ1年半ほどかなり力を入れて投資(株・ペーパーアセット)の勉強をしています。

毎月投資実践会にも参加し、株やペーパーアセットに関する情報やテクニックを学んでいます。

このような「IQ」は、セミナーや実践会に参加したり、本を読んだりして得ることができますし、あるいは信頼できる誰かに委任することもできます。

しかし、投資にはもう一つ欠かせない重要な要素があります。

それは "EQ = Emotional Intelligence Quotient"です。

この「EQ」は実際に投資の経験を積むことでしか身につけることができません。

 

自分の経験として、例えば投資した株が急落して損切を余儀なくされた時、いつも次のトレードに影響を与えてしまいます。

冷静に考えれば良い銘柄で投資タイミングも適切であり、普段なら見逃すことなる買えている銘柄であっても、直前の損切が影響して買えないなんてことは良くあります。

なんとか感情をコントロールして購入できたとしても、目標株価まで待てずに少しでも利益が出て損失を補填した時点で、すぐに利確してしまうようなこともありました。

・・・つい先日もそんな感じで儲け損ないました(^^;

これらは全て未成熟な「EQ」が影響しています。

しかし、トレードを繰り返し、失敗あるいは成功したその時その時の自分の感情を冷静に振り返ったりすることで、着実に「EQ」は育ってきています。

「EQ」を育てるには「経験」と振り返りが大切です。

そして「IQ」と「EQ」の双方をレベルアップすることで、投資の成功率は格段に上がっていくと信じています。

Video game addiction and "GAME OF LIFE" / ゲーム依存症と「人生ゲーム」

英語と日本語のバイリンガルで投稿しています。

Contents / 目次

English Edition

My nephew is always playing video games or watching the reviews abaut video games on YouTube since I met him in my wife's parents house.

And he is not willing to communicate with the other family members.

Also he is not willing to go out outside of the house.

So I'm worried about him very much.

It's not only him but many children have same problems.

Video games are really bad effect on the children.

In other words the children are strongly addicted by the video games like drugs.

This is a really ironically incident because I was used to be a video game creator.

I felt guilty badly and I thought I have to change this circumstance.

Once I tried to go out with him, but he didn't likely really enjoy it.

So I bought him a board game "THE GAME OF LIFE" to make him communicate with other family members playing through it.

It was really effective!

He really enjoyed to play it and communicate with us.

Playing board games is not only fun but also foster children's communication skill now I'm sure.

人生ゲーム

人生ゲーム

  • 発売日: 2016/04/02
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

日本語版

福岡にある妻の実家に帰省しています。

そこで義兄家族と共に滞在していますが、甥っ子はずっとビデオゲームをやっているか、YouTubeのゲーム実況ばかりを観ていて、他のことに興味がない様子でした。

家族とのコミュニケーションも積極的でなく、流石に心配をしていました。

言わば「ビデオゲーム依存症」です。これは麻薬のような強烈な依存症に思えました。

彼ばかりではなく多くの子供たちが同じ問題…ビデオゲーム依存症を抱えていると思います。

これは長年ビデオゲームリエーターを生業としてきた僕にとって、非常に皮肉な状況です。

とても罪悪感を感じてしまうし、何とかしなければという思いに駆られています。

そこで最初、甥と一緒に外出することにしたのですが、彼はしぶしぶといった様子で、本当に楽しんではいない感じでした。

これでは逆効果だなと思って、次にホビーショップでボードゲームの「人生ゲーム」を買ってきて、みんなでやってみることにしました。

これが功を奏し、彼はみんなと一緒に「人生ゲーム」をプレイすること楽しみ、積極的に会話をするようにもなってきたのです。

ボードゲームのように直接対面してみんなでプレイする遊びは、ビデオゲームにはない魅力があり、また、ビデオゲーム依存症から脱却する手段の一つとして有効かもしれないと思った出来事でした。

人生ゲーム

人生ゲーム

  • 発売日: 2016/04/02
  • メディア: おもちゃ&ホビー