紺碧ブログ

英語と交流と仕事に役立つTIPSに関する情報発信ブログです。

TEDレビュー:サイモン シネック「優れたリーダーはどうやって行動を促すのか」#リーダーシップ

リーダーシップ・イノベーション・ビジネスの創造といったカテゴリーのTEDプレゼンテーションを観るのを日課にしています。
 
今日はサイモン シネック氏の「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」というプレゼンを紹介します。
TEDではかなり有名なプレゼンなので、ご覧になった方も多いかと思います。
 
このプレゼンでは「ゴールデンサークル」というものを使って、「インサイド アウト」の大事さを強調していました。
 
すなわち、
人は「WHAT(何を)」ではなく、「WHY(なぜ)」に動かされる
ということです。

f:id:konpekikai:20180731113732p:plain

プレゼンではアップルとDELLとを比較し、共に同業種なのになぜ多くの人はアップルを選ぶのか。
キング牧師の有名なスピーチにどうして25万人もの聴衆が集まったのか。
飛行機の発明では、なぜライト兄弟は成功し、サミュエル・ラングレーは失敗したのか。
その疑問にこの「ゴールデンサークル」と「インサイド アウト」の考え方で答えています。
 
私自身、日々の仕事や私生活でも「WHAT」や「HOW」に捕らわれすぎて、「WHY」に基づいて行動していたのか、改めて考えさせられる動画でした。
 
実は「インサイド アウト」という言葉自体は、私にとって以前から馴染みのある言葉です。
というのも繰り返し読んでいるスティーブン・コヴィー氏の著書「7つの習慣」でも繰り返し使われている言葉で、やはり成功に不可欠な要素として紹介されています。
 

“People don't buy what you do; they buy why you do it. And what you do simply proves what you believe”
― Simon Sinek, Start with Why: How Great Leaders Inspire Everyone to Take Action

「人はあなたがすることにお金を出すわけではなく、あなたがなぜそれをするかにお金を出すのです。あなたが信じることに共感する人たちとのビジネスを目指すべきです。」

インサイド アウト」という考え方、大切にしたいですね。

       

 

異業種交流会「紺碧会(英語)」「青風会(日本語)」参加者募集中です!